一馬 KAZUMA 銀蔵と銀太 ペンダントトップシルバー ペンダントトップJAP工房受注生産品 KZM-99APT04

一馬 KAZUMA 銀蔵と銀太 ペンダントトップシルバー ペンダントトップJAP工房受注生産品 KZM-99APT04:ロシエ 腕時計とアクセサリー
■一馬の商品は完全受注生産となります。
■ご注文をお受けしてから通常、約10日〜2週間ほどで入荷いたします。
 ※時期によりましては、更にお時間を頂く場合がございます。
■「代引き」及び「後払い決済」はご利用になれません。
 ※選択された場合にはお支払い方法を変更していただきます。
■受注生産という商品の都合上キャンセルは一切お受けできません。
上記を予めご理解いただいたうえで
ご注文下さいますようお願い致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【一馬(KAZUMA)について】
デザイナー長井一馬の自由奔放な感性によって創り出される
不思議なシルバーアート。
生き物のようで、生き物でない。生き物でないようで、実は生き物。
「一馬」のスピリットに感応できた者だけが所有を許される。
1998年、ブランド「一馬」は生まれた。
しかし、作家・長井一馬氏本人の
彫金家としての活動は1970年代後半に始まる。
当時、一点ずつを手作りで創り上げる氏の作品は、
ごく僅かの幸運な人々にのみ所有された。
独創性の高い作品は複製不可能といわれたが
JAP工房代表の”川上氏”の高い彫金技術により、
その世界観を壊さずに商品化する事に成功。
ブランド「一馬」として誕生した。
【デザイナー:長井 一馬 (KAZUMA NAGAI)】
長野県美麻を活動拠点にする彫金家。
かつては一点物だけを製作してギャラリー等で展示販売してきた。
「一馬」ブランドは、その集大成である。
銀の地金を直接叩いて造形していく手法は、
特定のモチーフ等は存在せず、
その時の感情やインスピレーションによって生み出されていく。
以前は複製が難しい造形を心がけていたが、
JAP工房がどんな造形でも商品化を可能にしてしまうことから、
今ではそうした意識を持たず、より自由な気持ちで創作活動を行っているという。
作品の発表は不定期で、そのあたりも気分がおもむくまま。
一馬から何がいつ出てくるかはJAP工房さえもわからない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆商品情報
素材:シルバー925
付属品:ギャランティーカード、専用BOX
★リングはご注文サイズを選択して下さい。
★石が入っている商品は石も選択して下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━